ジャムウ石鹸 デリケートゾーン

MENU

生理の時、トイレでナプキンを交換する際

生理の時はこまめにナプキンを交換するようにしています。
ナプキンも消臭効果のある、肌に優しいものを選ぶようにしています。

 

それでも夏場など汗をかくときや、体にフィットするジーンズをはいたときなどはムレによるかぶれやにおいが気になります。
ほかの人にはわからないのかもしれませんが、デスクワークの際などに自分ではとても気になることがあります。

 

トイレの際に、ビデで洗浄したり、携帯用のデリケートゾーン用のシートで拭いたりもしています。
入浴時には、ネットの口コミで評判の良かった、デリケートゾーン専用のボディシャンプーや、ジャムウ石鹸を使用しています。

 

パッと見、デリケートゾーン用とはわからないので、普通にお風呂場にシャンプー類と一緒に置いています。

 

デリケートゾーンは優しく丁寧に洗うよう心がけています。

 

ゴシゴシ中のほうまで洗うことで逆に膣が炎症を起こしてカンジタなど病気になることもあるので、表面だけを丁寧に洗うようにしています。

あそこが臭う時はまずおりものを確認する

異常があった場合は病院へ行き、見つからなかった場合は入浴の際デリケートゾーン専用の石けんを使い、それをよく泡立てて3分ほど泡パックしてからその泡でさらに細かくこれでもかというほど洗っている。

 

また、アンダーヘアにもシャンプーをするなどして不潔にならないようにしている。

 

入浴後に下着を身につけるときもあそこがちゃんと乾いているか確認してからにしている。
また、生活のリズムの乱れや食事内容によってあそこが臭くなることもあるというため、生活リズムを整えたり、野菜を多く取りニンニクなどの匂いのきついものは控えるなどの対策も行っている。

 

また、パンツを控えたり、ストッキングやタイツをなるべく穿かないようにしてあそこが蒸れるのを防いでいる。

 

どうしてもパンツやストッキング、タイツを穿かないといけない場合は通気性の良い生地のものを選んだり、なるべく薄手のものを選ぶなどして蒸れを防いでいる。

 

ジャムウ石鹸市販で購入するなら